得意分野と相性が決め手?床への水漏れもリフォーム業者で相談できます

この記事をシェアする

毎日の予防と情報集め

ちょっとした心がけの予防と確認

水漏れで床を傷めてしまう前に、日ごろから私たちができることは何でしょうか。
ほんのちょっとしたことが積み重なって水漏れにつながるので、予防する意味でも心がけたいことがあります。
詰まりの一番の原因が、生ゴミや固形物を流してしまうことです。
流れてしまわないように三角コーナーにきめ細かな網を設置するなどして、ゴミをまとめるか、その場で取り除きます。
油のようにどろどろしたものも排水口の見える範囲で定期的に掃除するようにします。
洗面所では、同じく排水口に残った髪の毛などのゴミを流さないように捨てます。
意外に洗面所にはゴミ箱が設置されていないことが多いので、一つ設置すると便利です。
お風呂場も同様に定期的な排水溝の掃除とゴミを取り除いておきます。
トイレは目に見える範囲で異常がないか点検します。
何もしていない状態で水の流れる音がしないかどうか耳で確認することも大事です。

便利なネット検索で情報をつかもう

経年劣化での損傷の修理や修繕、リフォームを考えているなら次は業者を探します。
一つの業者だけではなく、数社に相談します。
ネットの検索サイトでは、どのような状況になっているのか相談できます。
何を希望しているのか内容を選択すると、大まかな費用が表示されますので見積もりを取っても相場がわからないということはありません。
次に地元の業者を探してみます。
近所にある業者だと、知っている人から経験や実績について話が聞けるかもしれません。
何かあったら、すぐに来てもらえる場所に業者があるか住所を調べます。
お願いをしても遠くて来てもらえないと困ることもありますので場所は慎重に選びましょう。
そもそも自分が希望している修理、修繕やリフォームの内容に沿った業者なのかを情報を集めることが大事です。
「これしかない」と強いてくるような業者は丁重にお断りします。
理由を説明し、いくつか方法を提案してくれる業者を探しましょう。



PAGE
TOP